地方にも広がってほしい医師転職

多くの病院にとって、勤務医の不足は深刻な問題です。
とくに中小規模の病院ともなると、医師を募集してもなかなか集まらないのが現実です。
さらに深刻なのは、地方の医師不足です。
高齢化が進む中での医師不足はその地域を医療の面から崩壊させかねません。
医師の中には現在の職場を様々な理由で離れようとおもうかたがいます。
希望する部署での職場でなかったり、あまりにも過酷すぎたり、あるいは家庭とのバランスをはかるためと、医師転職が行われることもあるものです。
働きながらでも、医師が転職先を見つけ出せることは非常に便利なことです。
場合によっては、医師が田舎に帰る必要に迫られるケースもありますが、転職先として地元の病院を見つけ出せればすぐにはたらき出せるので、安心して田舎へ帰ることもできるでしょう。
より高度な技術を持った医師が地方の病院に転職して入ってくるようになれば、地方の病院の相対的な技術もレベルアップするので、医師の転職は決して悪いものではありません。